INVEST

投資信託の為替ヘッジの「あり」or「なし」どちらがおすすめ?

 

アメリカなどの海外市場を対象にした投資信託の詳細に為替ヘッジの有とか無とか記載があるけど、為替ヘッジってそもそもなんだろう。メリット・デメリットについて教えて欲しいです。

 

本記事はこんな疑問を持つ方に対して書いています。

 

私は米国S&P500インデックスに連動する投資信託をメインとして投資していますが、一言でS&P500に連動する投資信託といっても、為替ヘッジ有りの投資信託とそうでないものがあります。

 

S&P500に連動する投資信託(ETF)が最強な理由

続きを見る

 

S&P500に連動する国内の有名な投資信託として、

SBI・バンガード・S&P500」や「eMAXIS Sllim米国株式(S&P500)」などが挙げられますが、これらの投資信託は為替ヘッジ無しの投資信託です。

 

対して為替ヘッジありでS&P500に連動する上場投資信託として「iシェアーズ S&P500 米国株式(2563)」があります。

 

今回は、「SBI・バンガード・S&P500」と「iシェアーズ S&P500 米国株式(2563)」を例として為替ヘッジの有無がどう影響するか考えていきましょう。

 

本記事ポイント

  • 為替ヘッジの特徴
  • 為替ヘッジのメリット・デメリット
  • どんな人に為替ヘッジが向いているか

 

2,3分で読み終える内容となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ではいってましょう!

 

為替ヘッジとは?

国内の投資信託は円貨で購入できるので、一見円で米国株を購入しているように錯覚してしまいますが実はそうではありません。

実際には私たちの円資産を引き受けた運用会社は円をドルに替えて米国株を購入しています。

 

SBI・バンガード・S&P500投資目論見書より

SBI・バンガード・S&P500の場合、上の図のとおりお金が流れていますが、運用会社は投資対象ファンドの「バンガードS&P500 ETF」を購入する際に投資家から引き受けた円資産をドルに替えています。

 

ドル建てで運用すると「円高になれば資産は目減りし、円安になれば資産は増える」という為替リスクが付きまといます。

例えばS&P500が+10%のリターンをあげたとしても、1ドル100円から90円へ円高となってしまうと、株式のリターンがプラマイゼロになってしまう計算です。

 

このような為替変動による損益の抑えるために有効な手段として「為替ヘッジ」を使うことになります。

「為替ヘッジ有り」の場合は為替差損益の影響が抑制されるので、為替の変動による資産増減の影響が小さくなります。

 

 

為替ヘッジ有りのデメリット

為替ヘッジ有りは以下のデメリットもあります。

  • 円安による為替差益を享受できない
  • 為替ヘッジコストがかかる

 

為替リスクを抑制するということは円高による資産の目減りを防ぐ一方で、円安による資産増加も見込めなくなってしまいます。

また為替ヘッジをするためのコストが発生し、そのコストはもちろん信託報酬に上乗せされて私たちに請求されることになります。

そのため、同じインデックスをベンチマークとしている投資信託でも「為替ヘッジ無し」より「為替ヘッジ有り」の方が運用コストが大きくなる傾向があります。

 

例えば、

SBI・バンガード・S&P500の信託報酬は0.0938%に対して、

iシェアーズS&P500(2563)の信託報酬は0.15%(2020年までは0.075%)と6割程、割高です。

 

為替リスクをどう受け止めるかは自分次第

為替ヘッジコストが発生しても信託報酬は0.15%とかなり低い水準ですので、日本株を買う時と同じように、米国インデックス投資を為替リスク無しで購入できるところは魅力的ですね。

 

最終的には各自のリスクとの相談になると思いますが、

インデックス投資を実践されている方は定額購入で積立投資されている方が一般的だと思いますので、長期の投資であれば為替リスクも時間分散することができると考えています。

つまり長期で円高の時も円安の時も購入し続けていくと為替差損益は平均に回帰していくので、為替リスクはそこまで考慮しなくても良いのでは?

と思います。

 

ただし、リタイアが目の前で投資期間を十分に取れない場合は、リスク低減のため、為替ヘッジ有りの投資信託を購入するのも一手ですね。

まだ遅く無い!40代からの資産運用の始め方

続きを見る

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

2020/7/6

mozu

 

投資信託を始めるならSBI証券がおすすめ!

100円からの投資が可能

積立買い付けサービス

NISA、iDeCo各種サービスに対応

 

SBI証券で口座を開設する

 

-INVEST

Copyright© Mozu Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.