高配当株日本株

コロナショックでも強かった高配当日本株5選【高配当ネオモバ投資】

2019年10月からSBIネオモバイル証券を利用した高配当日本株投資を行なっています。

現在30銘柄ほどで構成されたポートフォリオを組んでいますが、その中でコロナショックでも値下がりの小さかった銘柄5選を紹介していきます!

ポートフォリオの詳細は以下の記事で紹介していますので、よかったらみていってくださいね。

【高配当日本株】ネオモバでの投資状況 2020月4月10日現在

続きを見る

 

では行ってみましょう!

 

コロナショックでも強かった高配当日本株5選

 

以下の5銘柄が5%以内の下落に留まっています。

NTTドコモに関してはプラスのリターンです。

通信系は景気に左右されにくい特徴があるので、今回の暴落にも強さを見せました。

センチュリー21は不動産、蔵王産業は企業向けクリーニング機器の会社です。

  • NTTドコモ
  • KDDI
  • ソフトバンク
  • センチュリー21
  • 蔵王産業

 

NTTドコモ

 

日足チャート

コロナショックで一時2700円をつけるも、現在は暴落前の水準で落ち着いてきています。

チャート形状的には三角持ち合いを形成。短期的には上と下どちらに触れるかの攻防をみせています。

 

NTTドコモの株価の状況は?

NTTドコモは携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者です。

2019年12月における携帯電話契約数のシェアは38.1%国内1位年間売上高4.6兆円を超える規模ですね。

 

NTTドコモの株価データ

  • 株価:3,114円
  • PER:17.04
  • ROA:11.7
  • ROE:11.2
  • 配当利回り:3.85%
  • 自己資本比率:69.7

株価指標は問題ありません。

自己資本比率も70%近くあり、ROEも10倍を超えています。

財務面は問題なく、経営効率という観点からも優秀といえるでしょう。

 

コロナ禍においても減配・無配リスクは少ないので、買い増しを続けていきたい高配当銘柄です。

 

KDDI

 

日足チャート

チャート形状的には上値を切り下げていくダウントレンドを形成していますが、下値も堅くレンジ相場の様相です。

5月14日の決算でどのような反応を示していくのか注目していきたいところ。

 

KDDIの株価の状況は?

KDDIはNTTドコモについで業界2番手の移動体通信事業者です。

 

KDDIの株価データ

  • 株価:3,137円
  • PER:11.52
  • ROA:15.0
  • ROE:14.0
  • 配当利回り:3.67%
  • 自己資本比率:57.1

NTTドコモと比べると自己資本比率は劣るものの、経営効率のうまさを示すROEROAは上回っています。

配当性向も40%台前半なことから、配当金の支払い余力は大きく残しています。

NTTドコモと甲乙をつけがたい銘柄ですが、ネオモバを利用しているので、両者とも買い増ししていきたいと思っています。

 

ソフトバンク

 

日足チャート

75日移動平均線が抵抗線となり押し返されています。25日移動平均選を下値の支持線として踏ん張っていけるか注目していきたいところですね。

 

ソフトバンクの株価の状況は?

ソフトバンクは業界3番手の移動体通信事業者です。

 

ソフトバンクの株価データ

  • 株価:1,431.5円
  • PER:13.99
  • ROA:8.4
  • ROE:48.5
  • 配当利回り:6.01%
  • 自己資本比率:10.2

配当利回りは高いのですが、自己資本比率が10.2%と財務の健全性の面でみると他の2社より不安の面が大きいです。

配当性向も80%を超えているので、これ以上配当金が上がることは考えにくいですし、コロナ禍で事業になんらかの悪影響があった場合は減配リスクが高める銘柄かなーと思っています。

高配当目的で買いに行ってもいいですがあくまでNTTドコモとKDDIをメインとし、ソフトバンクはサブ的に保有していきたいですね。

 

センチュリー21

 

日足チャート

コロナショックで一時1,010円まで落としましたが、短期的には下値を固めながら上昇トレンドを形成しています。

再度、25日移動平均線を支持線として下値を固められるか確認していきたいところですね。

 

センチュリー21の状況は?

センチュリー21は不動産売買を中心にフランチャイズを展開する不動産会社です。

収益源は加盟店から受け取る手数料が中心で、直営店や土地、建物などは持たないので、一般的な不動産業と比べて景気の変動を受けにくいことが特徴です。

 

センチュリー21の株価データ

  • 株価:1,247円
  • PER:17.13
  • ROA:16.3
  • ROE:12.6
  • 配当利回り:4.01%
  • 自己資本比率:88.9%

経営効率をはかるROE、ROAは10倍を超えており、まずまず。

注目すべきは自己資本比率が88.9%と盤石な財務状況です。

2020年3月期の決算は新型コロナウイルス感染拡大の影響と保有する有価証券の実質価格が著しく低下したことにより、特別損失を形状しましたが、一時的な要因なので、財務の健全性からみて減配のリスクは低いとみています。

25日移動平均線を支持線として維持できるか確認しながら買い進めていきたい銘柄ですね。

 

蔵王産業

 

日足チャート

センチュリー21と同様、短期的には下値を固めながら上昇トレンドを形成しています。

直近では1,500円付近で何度も跳ね返されているので、再度上値を更新できるか注目していきたいですね。

 

蔵王産業の状況は?

 

蔵王産業はメーカー機能を持った専門商社で、以下のような特徴を持っています。

  • 独自仕様の環境クリーニング機器(清掃機器・洗浄機器等)を海外から輸入、国内で販売
  • ファブレス(製造部門をもたない)企業でありながら、研究開発に取り組む
  • 実演販売の実施

 

蔵王産業の株価データ

  • 株価:1,411円
  • PER:10.4
  • ROA:8.3
  • ROE:7.0
  • 配当利回り:4.32%
  • 自己資本比率:86.1%

クリーニング機器と成長性という面では疑問の残る地味な会社なので、PERは10.4倍と低めですが、自己資本比率は86.1%と高財務

配当性向も50%を切るくらいの水準なので、配当余力は十分ある高配当銘柄です。

 

まとめ

今回コロナショックで強さをみせた銘柄で大方共通しているのは、以下の点です。

  • 財務健全性が優れている点
  • 景気に左右されない点

上記2つを満たしている企業はNTTドコモ、KDDI、センチュリー21でしょうか。

 

今後もこの3社はネオモバの高配当日本株ポートフォリオの主力銘柄として頑張っていってもらいたいと思います。

 

SBIネオモバイル証券を使えば、1株から簡単に株式を保有することができます!

いろんな株式をたくさんちょっとずつ持ちたい!という人には最適の投資方法ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

2020/5/14

mozu

 

ポイント

いろんな会社の株を保有したい

でも、100株単位などで買うほどの資金力はない・・

1株から気軽に株式を保有してみたい

高配当銘柄を複数所有してみたい

 

ネオモバを利用すれば、複数の会社の株を少額で保有することができ、投資をハードルを低く始めることができます!

月額50万円までの投資なら、実質手数料無料で株の購入が可能です!

日本株の優良高配当株に数百円から分散投資したいなら、SBIネオモバイル証券は良い選択肢になります。

 

 

SBIネオモバイル証券で口座開設する

 

 

-高配当株日本株

Copyright© Mozu Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.