ETF

【VYM】値上がり益と高配当を両取りできる米国ETF

 

高配当を狙いつつ、値上がり益も期待できる投資商品は無いかな…。

 

今回はこんな要望に対して米国高配当ETFのVYMの紹介をしたいと思います。

 

こんな人に呼んでほしい

  • 米国高配当ETFは何を選んだらいいか迷っている
  • 配当金で日々の生活をより豊かにしたい
  • 高配当を維持しつつ分散投資をしたい

 

本記事のポイント

  • 米国高配当ETFのVYMの特徴
  • VYMのメリット・デメリット
  • VYMはおすすめできるかどうか

 

 

VYMとは

概要

運用会社 バンガード
配当利回り 3%前後
経費率 0.06%
設定日 2006年11月16日
分配実施時期 年4回(3,6,9,12月 )

 

VYMは米国の大型高配当株を中心に400社以上の銘柄で構成されたETFです。

米国高配当ETFでおなじみのSPYDやHDVよりも構成銘柄が圧倒的に多いです。

VYM SPYD HDV
構成銘柄数 400社 80社 75社

 

 

他の高配当ETFの配当利回りと比較すると

SPYD>HDV>VYMの順番となっており、VYMの利回りは最下位ですが、SPYDやHDVと比べて値上がり益を期待することが出来ます。

 

 

チャート

VYM(赤色)とS&P500(青色)の5年チャートをみてみましょう。

VYMはS&P500と比べるとリターンは劣りますが、ここ数年の堅調な株価推移につられて、安定的に成長してきました。

直近はコロナショックの影響で大きく根を下げています。

 

ヤフーファイナンスより

 

 

ポートフォリオ

銘柄数は400社以上に分散されていますが、セクター別にみてみると偏りがあることは否めません。

高配当銘柄の多い金融・消費財・ヘルスケアで半分弱を占めます。

バンガード社より

 

まだ構成銘柄数は400社以上ですが、構成銘柄の上位10社でVYM全体の約25%を占めています。

VYMは分散はされつつも上位銘柄の変動を受けやすいETFといえるでしょう。

バンガード社より

 

VYMのメリット

配当利回りが高く値上がり益を期待できる。

VYMの配当利回りは、おおむね2.5%~3.5%程度の範囲で推移しています。

5年チャートで比較してみるとSPYD(赤)やHDV(緑)と比べてリターンが一番高い結果となっています。

 

分散が効いている

VYMはセクターに偏りはあるものの、構成銘柄が多いので、地雷銘柄(低財務・低成長)が減配・無配となるとにより、VYMの分配金や株価が下落するリスクを小さく抑えることができます。

 

投資コストが安い

VYMの経費率は0.06%と格安です。

100万円分のVYMを購入した場合の600円がコストとして発生する計算です。

ランチを外食を1回減らすだけでペイできるコストですね。

 

投資コストが低いので長期投資にも向いている商品といえます。

 

VYMのデメリット

インカムゲイン・キャピタルゲインも中途半端?

 

配当利回りという面ではSPYD>HDV>VYMの順となります。

配当金も3%前後で、ギリギリ高配当ETFと呼んでも良い水準ですが、少々物足りなさを感じます。

 

また、高配当株ETFは、配当金利益に係る税金の繰り延べが出来ないため、配当金再投資に充てる資金が圧縮され、複利で得られる効果が得にくくなります。

その為、値上がり益(キャピタルゲイン)の最大化を狙うならVOOやeMaxis Slim S&P500といった投資商品が候補にあがります。

 

VYMはは配当金・値上がり益をそこそこしか狙うことが出来ず、少し中途半端なイメージがありますね。

 

高配当株投資を目指すならSPYDかVYMか…

 

トータルリターンの最大化という面では多少の疑問の残るETFですが、配当金をそこそこもらいつつ、値上がり利益も期待したいという場合は候補の1つにあがると思います。

また、SPYDやHDVよりも銘柄の分散がされていて、バランスの取れたETFということもできます。

 

ただ値上がり益も配当金も中途半端なので、高配当投資を目指すのならきっぱりとSPYDやHDVを選んだ方が良いと思います。

 

値上がり益も狙いたい!

 

ということであれば、高配当株目的でSPYDやHDVに投資しつつ、値上がり益目的ではVOOやVTなどの王道のインデックスETFに投資する方が良いかな〜と思います。

 

今回は以上です。

 

2020/3/26

mozu

 

ETFを購入するなSBI証券がおすすめ!

住信SBIを経由すれば為替手数料が片道2銭(業界最安)

ETF購入手数料が業界最安水準

積立買い付けサービス

NISA、iDeCo各種サービスに対応

 

SBI証券で口座を開設する

-ETF

Copyright© Mozu Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.